【競馬展望】フェブラリーステークス注目馬〜大混戦で2021中央G1が開幕!〜

競馬
Pocket

お疲れ様です。kaiです。日曜日はいよいよ中央競馬G1が開幕します。フェブラリーステークスは個人的にもあまり得意ではないのですが、今年は一層難しそうです!
そして今週行われる4つの重賞はどれも大変難しそう!これを全て当たったらしばらく自慢出来るレベルですね(笑)何とか1つでも当てられたらという気持ちです。

スポンサーリンク

フェブラリーステークス注目馬

インティ
前走は圧倒的人気で惨敗してしまったインティ。自分も期待した口でした。しかしながらこの馬の目標はあくまでも今回。ここは2年前に勝った舞台ですのでこのコースが合わないはずはありません。去年はハイペースに巻き込まれ敗退。今年も逃げ先行馬が揃い展開有利とはならなそうですね。ただ自分の競馬が出来ればまだまだ力はあると思うので枠が非常に重要かなと思います。
この馬は外に馬がいなければ前をやって、控えて競馬も出来ていますので出来れば外枠が欲しいですね。自身の外に逃げ先行馬がいないような枠の並びになれば面白いと思います。

オーヴェルニュ
そのインティが大敗した東海ステークスで勝利したオーヴェルニュ。2着に着差もキッチリ付けており、ここに来て実力を付けてきています。この勢いでG1も勝てるかといったところですが、今回は乗り替わりと、使ってきている馬であるので状態面がどうかが鍵になりそう。今回も楽しみな馬ですね。

カフェファラオ
4歳の実力馬カフェファラオ。チャンピオンズカップでは敗れたものの、フェブラリーステークスと同じコースで行われる昨年のユニコーンステークスでは衝撃的な強さを見せた馬です。外を周さざるを得ない中京の中距離ダートとは違い、今回は適性に疑いのないコースに替わりますし、後は純粋な実力比較で上位の存在と考えるかどうかでしょうか。僕は実力上位だと思っています。ただそう断言出来るほど、対戦比較が出来るキャリアはまだ無い馬でもあるので、オッズとの相談が1番難しい馬です。この馬も外枠が欲しいところ。

レッドルゼル
前哨戦の根岸ステークスで勝利したレッドルゼル。この馬も充実著しい馬。前走は内枠からロスなく脚を使えたのが好内容でしたしより競馬に安定感が出ました。問題は1600メートルの距離でしょうか。前走は川田騎手が1400でキチッと勝つ競馬をしていた感じもあり、この距離で持ち味を発揮出来るかは少し不安です。
ですが、それは例年の中距離から有力馬が参戦してくるフェブラリーステークスの話。今年のメンバーであれば短距離志向の馬の頂点を決めるレースになる可能性すらあると思います。

エアスピネル
想定されている鮫島駿騎手は僕は信頼している騎手で、この馬もダート転戦後いい脚を見せてくれています。元々芝の実力馬でG1にあと一歩届かなかったですが、今回の左回り1600メートルは絶好の条件とも思えますし、今年のメンバーであれば馬券内に食い込むのもあるかなと思っています。対戦比較を考えると、対サンライズノヴァには斤量が軽かったにも関わらず同コースの武蔵野ステークスで敗れているので分が悪いですが、8歳にしてまだキャリア23戦の馬ですし、年齢的に上積みとは言わないものの慣れは見込めるのではないでしょうか。

アルクトス
前走根岸ステークスで59キロを背負って僅差4着に敗れたアルクトスも力は見せた内容でした。南部杯の覇者でもあり実力は証明済。前走は明らかに叩きだったと思われますし、目標のここに向けて今回は全力の仕上げで来るでしょう。不安に感じるのはやはり恐らく揃うであろう逃げ先行馬を自力で交わしにいく競馬になりそうな点。府中の直線は長いですからそういうハードな競馬をして差し込まれないか。この馬も枠の並びはポイントになりそうです。

サンライズノヴァ
毎年フェブラリーステークスに挑戦を続けるサンライズノヴァにとっては、今回やっと順番が回っきたのかもしれません。フェブラリーステークスは昨年の3着が最高着順ですが、昨秋に同コースの武蔵野ステークスを勝利してますし衰えはなさそう。このコースはベストですし長年の挑戦が実を結ぶ可能性はあると思います。今年はチャンピオンズカップから距離短縮となるローテーションも魅力です。人気にはなるでしょうがあえて嫌う必要もないといった印象。最終追い切りに注目しています。

ワンダーリーデル
この馬もこの東京ダートのコースはベストで、脚を溜めに溜めて無欲の追い込みに徹すれば必ず伸びてきますね。人気で買いたいタイプではないですが人気が無いなら抑えたほうがいいと思っています。

エアアルマス
この馬は砂を被れないので今まで前に行く競馬ばかりですが、実力は非常に高いと思っています。距離も恐らくこのくらいが合っていると思います。今回は控えるとの陣営のコメントがあるので、逃げには拘らずにすんなりと先行を狙うのでしょうか。他の逃げ先行場との兼合いはありますが、先行馬で穴を空けるならこの馬かなと思っているので、同型、特にインティとの枠の並びがどう出るかに注目しています。場合によってはやはり逃げるしかないかも…。左回り苦手説には目を瞑ります(笑)

今年は例年になく混戦模様なフェブラリーステークスですね。ポイントはやはりレースがどのくらいのペースで流れるか、それを予想する枠の並びになるかと思いますが、どのようなペースが予想されたとしても純粋にコース巧者には注意を払い軸を決めていきたいと思います。
何にしてもJRAのG1開幕ですので大いに楽しんでいこうと思っています。

それでは!

 

コメント

  1. […] otouma 音楽と競馬2021-02-16 19:15:36【競馬展望】フェブラリーステークス注目… […]

タイトルとURLをコピーしました