【競馬展望】ダイヤモンドステークス〜名物の長距離重賞!長距離は面白い〜

レース展望
Pocket

kaiです。月曜日は雨でしが、今週は晴れて良い感じですね!気持ちの良い日が続きます。
さて今週の4重賞は本当にどれも難しく、ひとつでも当てられたら御の字だと思っているのですが、土曜日東京競馬場で行われるダイヤモンドステークスも非常に悩ましいです。

自分は長距離戦は各馬の位置取りや動き所などがしっかり見れてとても好きです。また常々3000メートル超のレースで思うのですが「根本的に各馬この距離に適性は無い」と思っています。現代競馬では長距離を走るための配合も調教もそもそもは課されてはいなかったはずです。それが様々な要因でここに集ってレースをするというのもなかなか味があって面白いです。

スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス注目馬

オーソリティ
有馬記念以来のオーソリティは2走前のアルゼンチン共和国杯では、休み明け・古馬初対決をものともせず大外から華麗に勝利しました。オルフェーヴル産駒の牡馬は、内枠でこそ集中力を発揮するという持論があるのでなかなか衝撃的な強さでした。
斤量は当時より2キロ増えますが成長力を疑う血統でも無いですし、当時より臨戦対しての課題も少なく何より相手は軽くなっているとさえ思いますので、人気を背負っても1番信頼出来そうな馬です。

サンアップルトン
そのアルゼンチン共和国杯で3着だったのがこの馬。前走のアメリカジョッキークラブカップでは道悪競馬が合わなかったと思うので、末脚を活かせそうなこのコースに替わるのは良さそう。今度はオーソリティより軽い斤量になるので、ハンデ差での逆転も無しとは思いません。前走はタフな馬場での競馬でしたので、調子落ちがなければ軽視は出来ないかなと思っています。

ボスジラ
長距離得意のディープインパクト産駒。この馬は北海道やステイヤーズステークスのようなタフな馬場でもそれなりに走っていますが、東京競馬場のようなある程度高速馬場でも走ると思っています。ただ根本的に重賞で勝ち切るほどの力は持ってない気もしていますので、オーソリティと斤量が変わらないのはちょっと辛いかも。一応上記の理由からこのコース替わりでの変り身は期待してみようかなといったところ。

パフォーマプロミス
9歳となったパフォーマプロミスですがキャリアはまだ21戦しかありません。ここで重賞3勝のキャリアは格上の存在です。前走はあの伝説のジャパンカップですし、2走前の京都大賞典も内容は悪くありませんでした。天皇賞春でも3着になるなど長距離も走りますし、デムーロ騎手も今年は去年よりも乗れている印象があるので、年齢で嫌われるなら積極的に狙ってみたいと思います。

他にメイショウテンゲンポンデザールなど長距離実績のある馬もいますが、3000メートル超のレースに根本的に適性のある馬が居ないと思っている以上、どうしてもコース、馬場適性のほうを考えてしまいます。そう考えるとちょっと違うかなといった印象です。去年のようなバテ合いにはならないんじゃないかと思っています。タイセイトレイルはちょっと怖い気もしますが…。最後は追い切りの動きで判断してみようと思います。

昨年はミライヘノツバサで大波乱となったレースですし、なかなか当てるのは容易ではないと思いますが、どうにか的中に近づけるように予想を組み立てていこうと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました