【競馬展望】宝塚記念に向けて春G1で良かった騎手は?

競馬
Pocket

こんばんは。今日は上半期の総決算宝塚記念へ向けて、春のJRAG1での勝利ジョッキーを振り返ってみたいと思います。

フェブラリーステークス ルメール騎手

高松宮記念 川田騎手

大阪杯 川田騎手

桜花賞 吉田隼人騎手

皐月賞 横山武史騎手

天皇賞春 福永騎手

NHKマイルカップ ルメール騎手

ヴィクトリアマイル ルメール騎手 

オークス デムーロ騎手

ダービー 福永騎手

安田記念 川田騎手

複数回勝っているのがルメール騎手川田騎手福永騎手。2着はルメール騎手が3回、池添騎手が2回ですね。

ルメール騎手は今年も相変わらずさすがといったところですが、川田騎手が同じく3勝と今年はルメール騎手と張り合っています。川田騎手の印象は、相手をあまり絞った騎乗をしない分マークを受け、特にルメール騎手にマークされる分も含め、どうしても勝利に届かない印象でした。「重賞やG1を勝てない」なんて言われていた時期があるのもそういう理由かなと思っています。しかし今年はマークやレースの綾を跳ね返す結果となっています。安田記念も以前までのルメール騎手と川田騎手のイメージならなんだかんだクランアレグリアが差していた気もしています。

こう考えてみると宝塚記念で、レイパパレがクロノジェネシスのマークを受けても跳ね返せるかもしれません。ただし上半期に川田騎手かG1を勝った馬はその時点でマークを受ける立場にはなかった馬なのも確かで、高松宮記念はレシステンシアがマークされる馬でしたし、マークを受けたNHKマイルカップはやはり勝ったのはルメール騎手でした。天皇賞春、ダービーとG1の中でも格式の高いレースを勝利した福永騎手も虎視眈々と狙っているでしょうし、騎手の駆け引き、実力の引き出し方も非常に注目の宝塚記念です。

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました