【競馬展望】弥生賞注目馬〜2歳チャンプ、ダノンザキッド始動〜

競馬
Pocket

お疲れ様です!今週は3重賞が行われます。どのレースもG1の前哨戦ですし注目の一戦ですが、ここのところぶっつけで皐月賞に望む2歳王者が続いた中でダノンザキッドが弥生賞から始動するのも注目ですね。ひと昔まで当たり前だったのですが、なんだか新鮮に感じてしまいます(笑)ここからダービーまでどんなレースをしてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

弥生賞注目馬

ダノンザキッド
無敗の2歳チャンピオン。ポープフルステークスを頂点とした2歳中距離路線のレベルが高いと思っているので、その路線で王者のこの馬はやはり実力は圧倒的に上でしょう。今回の注目点は幼さが残る身体の使い方や気性。馬体がどう成長しているかでしょうか。内に閉じ込められるとどうなるかに不安点もありますが、逆にここで内枠を経験しておくのもアリかなと個人的には思います。

タイトルホルダー
先手を取る競馬で好走を続けているタイトルホルダー。積極的な横山武騎手が想定されているのも好印象です。前が良い馬場も味方に付けられそうですが、それは他馬も承知でしょうから目標になってどこまで残れるかに注目です。こういう逃げ先行馬がいるとレースが面白くなりますしぜひ皐月賞へ出てきてほしい馬です。

タイムトゥへヴン
京成杯2着のタイムトゥヘウン。ランドオブリバティがデムーロ騎手に替わったとのことで、三浦騎手としてはこの馬でクラシックへ挑むことになりそう。ここで皐月賞の権利と本賞金加算をしてなんとかダービーまでほ切符がほしいところでしょう。前走もグラティアスに上手く乗られたものの、好内容の2着確保。このコースに実績もありますし、ここは仕上げてくるはず。高速馬場をこなすかどうかを考えてみたいと思います。

シュネルマイスター
ルメール騎手鞍上のシュネルマイスターはひいらぎ賞からの参戦でいいキレを発揮してきた無敗馬。○外の大物というのも近年少なくなりましたがかなりの素質を感じさせる馬です。ここの結果次第でマイル路線になるのかもしれませんがこの舞台でどんな競馬をするのか楽しみです。

レインフロムへヴン
出てくれば面白そうなレインフロムヘヴン。東京スポーツ杯2歳ステークスでは崩れたものの、それ以外では堅実な馬です。当時は馬場も悪く、今の中山の綺麗な馬場で見てみたいです。活躍しているドゥラメンテ産駒ですし注目です。

昨年はコントレイルもサリオスもぶっつけ皐月賞で1、2着でしたが、弥生賞を勝ったサトノフラッグはその後菊花賞3着。スプリングステークスの上位、ガロアクリークは皐月賞3着、ヴェルトライゼンデはダービー3着と本番のクラシックでも馬券に絡んでます。
やはり前哨戦の中にも後に好走する素質馬が潜んでいる可能性があるので、逆に言うとクラシックで馬券になりそうなスケールを感じさせる馬を買ってみるのも前哨戦の楽しみかもしれません。そうは言っても見付けるのが難しいのですが(笑)

ダノンキングリーは現時点でクラシック路線のトップを走っている馬でもありますし、ここは無難に通過して皐月賞でエフフォーリアを始めとする各馬の挑戦を受ける立場として出てきて欲しいと思っています。圧倒的な人気になるでしょうから馬券的には買い方が難しそう。今のところ追い切りを経て強く惹かれる馬が出てくればダノンキングリーから絞った馬券を買うことになるのかなぁと考えています。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました