【競馬回顧】弥生賞ディープインパクト記念〜ダノンザキッド敗れ的中ならず!難しいなぁ〜

競馬
Pocket

お疲れ様です。今日は中山競馬場で弥生賞ディープインパクト記念が行われました。2歳王者の始動戦ということで注目を集めましたが…

スポンサーリンク

弥生賞回顧

勝ったのは○タイトルホルダー。テン乗り横山武騎手が積極的にハナに行き、その後は上手くペースを落としての逃げ切り勝ち。少頭数、先行有力馬場と恩恵もありましたが見事な騎乗で名前の通りタイトルをもたらしました。鞍上はエフフォーリアに乗り替わりとなると思うのですが、この馬もこれで賞金の心配は無用になり先々まで楽しみです。実力は示しましたしクラシックでも怖い存在です。

シュネルマイスターもルメール騎手が積極的な競馬。スローペースもあってか距離にも一応対応し、2着死守はお見事。この後の路線は気になりますが、キャリアも浅い伸び代がある馬だと思いますのでどこに向かうのか注目です。マイルカップ路線なら一気に主役級の評価になるでしょうがそれでも納得の力量でした。

ダノンザキッドは内枠が想像以上に仇となったか。前半から川田騎手も外に出したがっており、その後もなにかぎこちない走り。直線では馬群に沈みそうな気配でしたがさすがに最後は伸びての3着。強いけどまだ競馬が下手な馬ですね。安田調教師が「この馬は一回叩いたほうがいい」とおっしゃっていたのがなんとなくわかります。勝馬がすでに2回下している馬ですしこの結果で評価を落としませんが、皐月賞でどう立て直してくるのか興味深いです。

今日の重賞は外れてしまいました。本命が3着、対抗が勝つ結果だったのでこんなときこそワイドを持ってないのは痛恨です(笑)今週はチューリップ賞のみ的中ですが、1番自信のあった弥生賞で外れて力が抜けてしまいました…ただ来週以降も注目馬が次々と登場してきますし、切り替えてまた来週を楽しみにしたいと思います!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました