【競馬展望】中山牝馬ステークス&フィリーズレビュー注目馬〜鍵はどちらも前に行く馬?〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は牝馬重賞も2つ組まれていますね。毎年簡単には決まらないレースですが、中山牝馬ステークスは実績馬、実力馬が揃い、フィリーズレビューは未知の魅力的を持つスピード馬が揃った印象です。中山は馬場を考えると先行馬が気になりますし、阪神は1400メートルのコースを考えるとやはり前に行く馬が気になります。

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス注目馬

リアアメリア
当初は世代最強牝馬と言われていたリアアメリア。秋以降前に付ける競馬が出来るのは好印象です。右回りで結果が出ないのは気になりますが、それは全てG1でのもの。あっさりがあっても不思議ない馬です。

フェアリーポルカ
前走小倉大賞典では悪くなさそうに進みながらも失速してしまいましたが2走前や前年が示すように中山競馬場は得意。最終追い切りで変なところがなければ怖い。

ランブリングアレー
前走はマジックキャッスルと共に後続を離す内容でいよいよ重賞に手が届きそうなこの馬。この距離がピッタリと良さそうな印象もあります。懸念としては前走は展開がハマり過ぎた気も…

サトノダムゼル
こちらも前走は愛知杯出走。追い込み決着の流れを4番手追走で力尽きたものの頑張って走っていました。今回は好走したコースに戻り条件は好転しそうです。

クラヴァシュドール
オークス以来低迷が続くクラヴァシュドールですが、レシステンシア、マルターズディオサと好勝負をしていた馬です。秋以降馬体も増えてきたのは好印象ですし、状態が良ければまとめて負かす力はあると思います。

シャドウディーヴァ
東京新聞杯では王道競馬で3着と力は見せたシャドウディーヴァ。ペースが流れればコース関係なく追い込んで来る馬ですが今の前有利な馬場は少し心配です。なのでぜひ内枠がほしいですね。

フィリーズレビュー注目馬

こちらはまたすごく難しいですね。やはりこのコースは前粘りが基本ですから、この時期の3歳牝馬はよほど力が抜けているか、スムーズさが無いと差し追い込みで食い込んでくるのは難しいと思っています。しかし今年はヨカヨカエイシンヒテンといった重賞で逃げて粘った馬は注意が必要かなと思える一方でかなり逃げ先行馬が揃ったので差し馬ラヴケリー、また結果的に差しになりそうな前回先行していた馬も侮れないです。何にせよ今年の3歳牝馬路線はトップ数頭はともかく、勢力図がすぐ入れ変わりそうでもあるので、格上挑戦の馬も怖いですね。こちらは枠の並びがかなり大事になりそうですが、1勝馬が多いので枠順を含めた出走表が決まってから検討してみようと思います。

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました