【競馬回顧】中山牝馬ステークス〜絶妙だった馬場に雨天直撃でやっぱり激戦!〜

競馬
Pocket

お疲れ様です。今日はハンデ重賞、中山牝馬ステークスが行われました。なんだか競馬を抜きにしても久しぶりにこんなにしっかりと雨が降っていた気がします。良馬場でも決して軽くはない中山競馬場の芝コースですが、一気に過酷な馬場へ変化していきました。

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス回顧

武豊騎手騎乗の△ランブリングアレーがここで重賞制覇!レース展開を考えると抜群の位置取りで直線力強く差し切り勝ち!さすがレジェンド、お見事でした!この馬も重賞まであと一歩というレースをしていたのでここは見事にチャンスをものにしました。ディープインパクト産駒ですし良馬場でも良い競馬をしてくれるのではないでしょうか。牝馬重賞路線に楽しみな馬が誕生しました。

ホウオウピースフルは惜しくも4着と届かず。良い感じで伸びてきましたが、4コーナーでスムーズに位置を上げられなかったことが響いた感じ。やっぱり大外に入っても不器用でした。力はあるので狙いどころがとても難しい馬ですが、またチャンスと感じれば買ってみたいです。楽しめました!

と言ってもロザムールを切ってしまっていたのですが、今回先行馬厳しいかなと思ったのですがよく頑張っていました。先行馬で期待したリアアメリアはやはり跳びの大きい馬の通り馬場が大きく響いた模様。この馬の巻き返しもどこかであるでしょうから要注意ですね。

この3頭で決まって三連複2万円付かないんですから皆さん馬券が上手い!ハンデ戦らしい混戦のレースで楽しかったですが、明日は当てられたら良いなあと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました