【競馬展望】フラワーカップ&ファルコンステークス注目馬〜毎年難しいレースも今年は中京にG1馬登場!〜

競馬
Pocket

お疲れ様です。今週は4つの重賞&若葉ステークスも組まれており充実した番組になっていますね。なんとか的中に近づきたいものです。今回は土曜日の重賞の注目馬を挙げます。グレナディアガーズがここから始動というのも面白いですね。

スポンサーリンク

フラワーカップ注目馬

ユーバーレーベン
デムーロ騎手の騎乗停止で今回は丹内騎手に任されることになりました。丹内騎手はローカルではマイネル軍団の主戦とも言えるくらい任されており、次の有力馬が現れた際に鞍上を任されるためにもここは結果がほしいですね。馬もソダシに2度僅差の競馬があり、父ゴールドシップを彷彿とさせる競馬も札幌2歳ステークスで見せており、ここは素直に実力は出してくると思いますが、髪一重感のある3歳牝馬路線なので勝つまでいけるかは慎重に判断したいです。

ホウオウイクセル
フェアリーステークスで2着好走のホウオウイクセル。小さな身体ですがパワーを秘め、中山の坂でも力強く伸びてきました。なかなか根性もありそうで侮れませんが、このレースは後ろ有利になった展開に恵まれたのも事実で、別格の強さだったファインルージュには完敗。ここが改めて試金石になりそう。

ルース
前走同条件の条件戦を勝ったルースもコース適性という意味では軽視出来ない存在。2勝馬が少ないここも格上の存在で、レースを重ねてきた経験をここで爆発させたいところでしょう。

グローリアスサルム
前走先行決着の中4着まで詰めたグローリアスサルムは面白い存在です。4コーナーと直線半ばではスムーズに行かなかった部分もあり、ここでも勝負になると思います。未勝利戦では弥生賞4着のソーヴァリアントを下してる馬でもあります。

イズンシーラブリー
前走クイーンカップで5着のイズンシーラブリーは前走でも印を回したのですが良い末脚を見せてくれました。現状他力本願な面もありますが、少しでも差しが効く馬場になり、ユーバーレーベンが前を潰すマクリをした場合出番が来てもおかしくない馬だと思っています。

ファルコンステークス注目馬

グレナディアガガーズ
朝日杯フューチュリティステークスを勝った馬が皐月賞を早々に回避するのも珍しいなぁと思いましたが、ここから始動というのも驚きです。前走は枠も展開もハマった感じもありますが、ハメた川田騎手も素晴らしい騎乗でした。ここから始動ということはやはり折り合いに不安を残すということでしょうか。本番を見据えてあまり意識せずに折り合えるここは良い舞台かもしれません。ただここは次を見据えるレースになるのは確実で勝ちに自分から動くかどうかに関しては疑問が残ります。ただ上に述べたように条件は良いですね。

モントライゼ
朝日杯はハイペース逃げで失速。いかにも距離が長いという負け方でした。マイルは少し厳しいというのは陣営も承知のはず。マイルを持たせるために意識的に折り合い重視の競馬をする可能性もありますが、恐らく馬に任せたレース運びでここは勝負にくるのではないでしょうか。勝負度合いではグレナディアカーズより上だと思います。

ルークズネスト
シンザン記念では本命にした馬ですが幸騎手の見事な内捌きで2着まで来てくれました。引き続き中京戦ですがあのレースを見るとコースは合っていそうですし、前にも行ける脚もあり引き続き好勝負は可能かなと思っています。

ニシノアジャスト
この馬はいつもペースを問わず速い上がりを使ってくれます。前走はさすがに超スローペースでしたが3着までは来ましたし、今回はずっとペースが流れると思われることから競馬はやりやすいでしょう。力関係は未知なところはありますが、この馬の競馬に徹すれば馬券圏内に届いてもいいと思います。


両重賞共に毎年確たる中心馬が不在なことが多いですが、今年は人気を集めそうな馬にしっかりとした実績があり、そういう意味では純粋に力関係の検討が大事になりそうです。とは言えここで勝負してくる馬、次を見据える馬で行うレースが変わると思うのでそこはやはり難しいところですね。

日曜日は各地に雨予報が出てますが土曜日の天気も気になります。先週の雨の影響もあるとおもうので、パワーがありそうな馬やコース適性を示している馬はやはり軽視禁物だと考えています。

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました