【競馬展望】日経賞&マーチステークス注目馬〜中山の重賞も注目馬登場で大変面白そう〜

競馬
Pocket

お疲れ様です!今週も土日に4つの重賞が組まれていますが、どのレースも注目の馬がいて、先週よりも更に盛り上がりそうです。今日は土曜日中山競馬場で行われる日経賞と日曜日のマーチステークスについて述べたいと思います。

スポンサーリンク

日経賞注目馬

ワールドプレミア
菊花賞馬ワールドプレミアが今年はここから始動。ここのところ周囲が騒がしくなってしまい気の毒な馬ですが、去年は2走しか走れず今年にかける思いは強いでしょう。有馬記念で一昨年3着、去年も好走しておりコース適正はありそうです。天皇賞に向けて順調なスタートを切りたいところですね。しかしこの馬も武豊騎手が乗れないのが大変気になります。菊花賞や有馬記念でもある意味着狙いの競馬で実力を発揮させて着順を取っている感もあり、鞍上が変わるのは比較的乗りやすいであろうレシステンシアと違い大きな課題となりそうです。

カレンブーケドール
5歳牝馬世代の中で屈指の実力を誇るカレンブーケドール。かなり人気になりそうで、待望の重賞制覇なるか大変注目です。伝説のジャパンカップで4着、有馬記念でも5着とその実力については今から語るまでもありませんが、個人的には中山の小回りコースは向かないと思っています。この馬のベストは多少時計がかかる直線の長いコースだと思っています。ただそう思いつつも今回絶好調の松山騎手に乗り変わりというのはポイントで、小回りコースに対応させてくるかもしれません。当然あっさり勝って不思議ない実力馬だとは思っています。

ステイフーリッシュ
バリバリ走るステイフーリッシュ。この馬は大箱でも小回りでも良でも重でもしっかり走ってくれます。この馬についても多くを語る必要はないかと思いますが、前走の京都記念で4コーナー先頭の競馬をしたのが好印象でした。開幕週とは言え外回りの直線を集中力を切らさずに走りきれてましたしこの馬の力を出すにはベストの競馬だったと思います。よって豪腕ジョッキーの和田騎手が継続騎乗なのはものすごくプラスだと思います。キャラクター的に単勝を買いにくい馬ですが、今回は単勝も有りだと思います。

ラストドラフト
堅実な末脚を持つラストドラフトも警戒が必要な馬です。道悪を含めてちょっとパワーの必要な馬場であればいつも脚を使ってくれる馬ですし、戦ってきた相手関係からここで馬券になっても全然おかしくありません。中山コースは重賞も勝ってますし適性は抜群。この馬は恐らくここは仕上げて勝負に来ると思うので馬券圏内に来る可能性は十分あると思います。

モズベッロ
前年覇者モズベッロも有馬記念で復帰以降徐々に馬体がよくなってきたと思います。実力があるのは明白ですし持久力勝負に流れそうなメンバーなのも好材料。目標は次の天皇賞だと思いますが、適性と実力を兼ね備えている馬だけに、追い切りがよほど動かない限りは軽視はしません。

ウインマイティーウインキートスはしぶとい脚を使える牝馬ですが、今回はステイフーリッシュが早めにスパートする展開になりそうでその流れにどこまで食らいつけるか。ダンビュライトは衰えはまだ無いでしょうが、この馬も広々したコースの方が良いイメージがあるのと距離が若干長い印象です。

マーチステークス注目馬

アメリカンシード
ルメール騎手がG1で乗らないのは意外でした。ルメール騎手なら中京に居れば何かしらの騎乗のオファーはあったと思います。今回中山でアメリカンシードに騎乗となればそれだけで注目しなければなりません。連勝を続けるアメリカンシードですが、クラスが上がっても着差が縮まることもなく未だ圧巻のレースの連続。番手でも競馬が出来き、コース経験も有り。最内に入ってハナを叩かれ馬群に封じられることさえなければここも通過しそうです。登録メンバーもダート中距離で稼いでくる馬たちで、これから更に上を目指すような馬も見当たりません。世代交代の兆しも見えるダート界ですしここでどんなレースをしてくれるのか非常に楽しみです。

マーチステークスはアメリカンシードに比類する注目馬は居なかったので1頭にしておきます。予想は確定メンバーの中から展開が有利になりそうな馬を選ぶことになりそうです。

それでは!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました