【競馬展望】大阪杯注目馬〜三冠馬コントレイル登場で過去最高に注目される大阪杯!〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は阪神競馬場でG1コントレイルが行われます。G1に昇格する前から、数々の名馬が素晴らしい走りを披露してきたレースですが、今年はコントレイル、グランアレグリア、サリオス登場で過去最高のレースが見れるかもしれません。

スポンサーリンク

大阪杯注目馬

コントレイル
ディープインパクト以来無敗の三冠馬となったコントレイルがついに登場。ジャパンカップで敗れたとは言えその強さは疑いようがありません。何より1週前追い切りが息を飲むくらい抜群で、素晴らしい仕上げで望めると思います。この馬のベストコースは東京か阪神の2000だと思っていますが、東京2000だと他にもベストコースの馬も居ると思うので、相対的には今回の適性はこの馬が1番だと思います。この馬は三冠馬になってなお完成は先だと思わせるような馬体や走りをしており去年からもう1段階成長しそうだなと感じていたので、そういった意味でも大阪杯の走りには大注目しています。色々と語らずとも三冠馬ですしそれだけで中心に考えてもいい実力馬です。

サリオス
この馬もこの舞台は合っている方だと思います。マイルチャンピオンシップは後方からの競馬をした選択が裏目に出ましたが、道中外を回り続けて僅差5着は悲観するものではなく、この距離であれば存分に力を出してくれると思います。前走を考えると今回はある程度前に行きそうで、先行しつつ脚を伸ばす騎乗が上手い松山騎手とも手が合いそうです。ただコントレイルには2度に渡りG1の頂上決戦で敗れており、力関係はハッキリしています。「成長力で上回るかも」というのは楽観的な想像の域を出ず、コントレイルの状態も良いと思うのでこの順位付けは変えないつもりでいます。そういう順位付けを簡単に超えていくのもまた競馬ではありますが。

グランアレグリア
マイル以下で無類の強さを誇るグランアレグリア。定年が近い師の最後の傑作となりそうな馬で、まさに数々の名マイラーを育てた藤澤先生に相応しい戦績の馬です。今回は初の2000メートルの舞台になりますので、これまでと同じ強さを発揮出来るかが最大のポイント。無理はさせない藤澤調教師ですから、恐らく対応自体は問題ないのでしょう。そこはプロの判断を信頼します。問題は対応はしても勝つだけの力を使えるかどうか。能力的にはコントレイルを負かすのはこの馬だと思いますが、何となく秋の天皇賞でシンボリルドルフに挑んだニホンピロウイナーの構図にも見えます。さすがに今回ギャロップダイナは居ないと思いますが…。いずれにしても素晴らしい競馬を見せてくれる状態に持ってくることでしょう。藤澤厩舎の名馬には思い出が沢山あるのですがここに来てさらなる挑戦に挑む陣営には脱帽です。


G1の注目馬はやはりこの3頭。多くの方と同じだと思いますが、この3頭が抜けて強いと思います。枠順や天候も先週よりは気になりません。おそらく予想はシンプルにして観戦を楽しみたいと思っています。

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました