【競馬展望】香港チャンピオンズデー〜強烈な日本からの刺客が香港を制するか〜

競馬
Pocket

今週は日本ではG1はなく、重賞が3つですが香港チャンピオンズデーには複数の日本馬が遠征しており、競馬ファンにとっては大注目のとても豪華な週末になっています。日本で馬券発売があるのは2レース。チェアマンズスプリントとクイーンエリザベス2世カップ。純粋に応援するも良し、一票投じて見るも良しで楽しみです!

スポンサーリンク

チェアマンズスプリント

こちらにはマジックマン・モレイラ騎手を鞍上に迎えたダノンスマッシュが登場。高松宮記念では決して得意ではない馬場で苦しい位置からの競馬でも勝利と、明らかに去年より強く完成の域に入ってきたと思います。ここは相手の香港馬にも成績的には強敵と言える馬も見当たりませんし順当に勝利を重ねてほしいものです。

クイーンエリザベス2世カップ

このレースには出走中半数の4頭の日本馬が出走。デアリンクタクトは金鯱賞では取りこぼしを絵に描いたような惜敗でここは負けられないといったところでしょう。初の海外輸送さえこなせれば巻き返せると思います。毎回香港遠征の際は各場の馬名表記が楽しみなんですが、デアリンクタクトの謀勇兼備ってかっこいいなぁ…

ラヴズオンリーユーはドバイでクロノジェネシスと張り合っての3着好走。状態が戻った今シーズンはまだまだ5歳牝馬世代のトップホースとして強い競馬を見せてくれると思います。

グローリーウェイズはなんと言っても香港ですでにG1を圧勝した実績がある馬ですしここはチャンス十分の天皇賞を回避してまで出て来たレースですし勝負度合いは一番かもしれません。

キセキも久しぶりの香港ですが、当時は状態も悪く改めてといったところか。遠征慣れしたベテランホースですし走る方に気持ちが向いているかがカギでしょう。先入観がなく乗ってくれそうなのでテン乗りはプラスかなと思ってます。

香港の大将はエグザルタント。ずっとトップレベルで走っている馬で、地の利はやはり侮れません。今回もこの馬がここに出ていることによって、「香港遠征」というものの箔が保たれていると思います。頭数もいますし日本からの遠征馬のレベルは過去で一番高いと思うので全ての馬を撃退するのは容易ではないかもしれませんが地元の意地を見せる走りに注目しています。

チャンピオンズマイル

最後に馬券発売は無いようですがこのレースの主役を務めるであろうゴールデンシックスティーも大いに楽しみです。すでに香港のレジェンド、サイレントウィットネスに迫る13連勝中と世界的マイラーと言っても過言ではない成績を残しています。暮れにはアドマイヤマーズも返り討ちにしており、ここも勝ち方が注目される一戦。安田記念でグランアレグリアやインディチャンプとの戦いが見たいものです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました