【競馬展望】天皇賞春注目馬〜高速でタフで混戦でめちゃくちゃ難解〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は天皇賞春ですね。古馬の有力馬が大阪杯を選び混戦ですが、結構良いメンバーが揃っている気がしています。

しかし中心馬が不在なので大混戦ですね。今年は阪神の3200メートルのコースで高速馬場で行われるとは思いますがさすがにスピードで乗り切れるコースではなさそうですし、阪神大賞典で人気を集めたアリストテレスが敗北し、日経賞でのワンツーが牝馬でこの距離に対応出来るかもカギになりそうです。

スポンサーリンク

天皇賞春注目馬

アリストテレス
この馬が前哨戦で崩れたことが混戦のはじまりでした。その阪神大賞典の仕上がりはAJCCよりは良かったようにも思えるので、単純に重の2200メートルはこなせても重の3000メートルは長かったのかもしれません。今回は3200ですし、高速馬場とは言え各場大人しく直線を待つ展開も考えにくく、菊花賞よりはスタミナが必要なことは確かで「長距離のタフさ」が再び求められるようなら危ないかもしれません。

ディープボンド
阪神大賞典で快勝したディープボンドはタフさがより問われた重馬場も良かった印象ですが、単純にここへきて本格化したのかもしれません。高速馬場にどこまで適正があるかですが、例年と違い阪神コースは高速馬場であっても京都コースよりはタフさが問われると思うのであまり軽視する材料はない気がしています。和田騎手は長距離レースに強いイメージもタフな馬を動かすことも上手いと思うのでが良いコンビだと思います。当然再度道悪ならさらにチャンスは大きそうです。

ワールドプレミア
今回G1馬はこの馬とマカヒキのみ。日経賞は斤量を考えるとこの馬が強い競馬したと思います。鞍上福永騎手も長距離は上手いと思っていますが、この馬はやはり武豊騎手がとても上手に乗っていた印象で、勝った菊花賞のメンバーレベルからは能力上位とも言い切れず悩ましいところ。人気の1頭になるでしょうが扱いがどこまで信頼するかは最終追い切りを見てから決めたいと思っています。

カレンブーケドール
重ねた実績は上位のカレンブーケドールですが、この馬の得意舞台は広いコースだと思っていて、案の定日経賞も取りこぼしてしまいました。長距離はともかくこのコース形態があっているとは思えず、今回も人気をするようだと少なくとも中心にはし辛いです。

ウインマリリン
その日経賞を勝ったウインマリリンはインコースを利した部分はあるにせよ見事な立ち回りで勝ちきりました。スタミナも感じる馬でコースも向く気がしますが前走勝利は斤量53キロで上げたもの。カレンブーケドールもそうなのですが、このコースで56キロはなかなか過酷ですしこの馬に関しては一気に3キロ増は気になりますからそこは大いに気になります。
今回とは関係ないですが、この馬の経験は横山武騎手にとってエフフォーリアの菊花賞で活かされそうですね。

オセアグレイト
昨年のステイヤーズステークスを勝ち、スタミナに関しては間違いないオセアグレイト。昨年のダイヤモンドステークスに関しても厳しい競馬で3着に来てますし、高速馬場の適性があれば面白いかなと思っています。京都開催の時とは違い今回消耗戦になれば今年は純然たるこのステイヤーの出番があっても。関西輸送ははじめてですがさすがに古馬のオープン馬ですのでそこは気にしてません。

オーソリティ
今年のダイヤモンドステークスで2着だったオーソリティ。この2着は目標になってのものですし悲観する内容ではないと思います。気になるのは右回りよりも左回りのほうが良さそうな点と、今のところタフ馬場は嫌ってそうなところ。京都や東京の高速馬場が最も向いてそうです。血統的にはタフなコース、馬場は良さそうなものですが、なんとなく淡白なスピードを武器にしてるっぽいので、もし力が入りそうな馬場であればちょっと不安ではあります。

ユーキャンスマイル
もしかしたら順番が来たかもしれないユーキャンスマイル。中距離でアーモンドアイ、長距離でフィエールマンと戦ってきた馬です。馬場不問で長距離経験も豊富ですしここはちょっと抑えないといけないかなぁと思います。適性距離は2600〜2800メートルのイメージで(そんな距離のビッグレースは無いのですが)本当の消耗戦になった時にどうかというのはありますが、京都だったとは言え、去年天皇賞春の上位が居ない状況であればチャンスはあるのではないでしょうか。

ディアスティマ
今回と同じコースを逃げ切ってここへ挑戦するディアスティマ。前回も馬場が良かったですが、今回も恐らく高速馬場で今回も逃げそうなので展開のカギを握る馬。去年京成杯で3着しており、オープン初挑戦でないのも好印象。ただ今回はG1ですしスタミナを活かしたい馬のマクリもありそうな今回、ずっと目標になり続ける逃げが決まるかどうか。鞍上のG1に強い北村友騎手は心強いですね。

結構たくさん挙げてみましたが、正直他にも「スタミナだけなら」という馬が多いので、少しでもスタミナに不安のある馬がバテたら意外な馬の台頭もありそうで、これだけ挙げても違う馬が絡んでくる可能性もありそうな気もしますし非常に難解です。ただこのコースの天皇賞春に純粋に興味がありますし、ちょっと絞れる気がしないですが何か面白そうな馬から手広く買ってレースを楽しんでみようと思います。枠もどこが良いかは今回はちょっとわからないですが、お天気はとても気になります。道悪になったら相当ヘビーでダメージの残る競馬になりそうです。

それでは!

コメント

  1. […] 【競馬展望】天皇賞春注目馬〜高速でタフで混戦でめちゃくちゃ難解〜 […]

タイトルとURLをコピーしました