【競馬展望】京都新聞杯注目馬〜大舞台へ!ダービーへの最終便、東上チケットを手にするのは!?〜

競馬
Pocket

こんばんは!今週はG1を含めて3重賞。土曜日は中京競馬場でダービーへの最終便京都新聞杯。日曜日には新潟競馬場で新潟大賞典が行われます。
京都新聞杯とプリンシパルステークスでほぼダービーの出走馬が決まると思いますし、土曜日は大注目の1日となりそうですね!

スポンサーリンク

京都新聞杯注目馬

レッドジェネシス
前走圧勝で一気に成長している感のあるレッドジェネシス。4コーナーで前に取り付いている脚は見事ですし川田騎手との相性も良さそうです。ただ例年の京都2200でしたらバッチリの適正だと思うのですが、中京の2200で鮮やかな結果を残せるかがポイントになりそうで器用さを求められた際にモロさが出る懸念も持っています。開幕週ですがこの馬は中枠より外がいいのかなあ。

ルペルカーリア
超良血ルペルカーリアは毎日杯で正攻法の競馬をし4着。現状高速決着よりは荒れ馬場が得意そうな馬でもあったので健闘だったと思います。今回も開幕週の馬場がどの程度の状態なのかがポイントになりそうですが、この馬のレース振りで毎日杯のレースレベルの参考にもなりそうで、そう言う意味でも注目しています。

マカオンドール
2歳時から強い相手といい勝負をしてきたマカオンドール。このメンバーであれば実力上位と言っていい馬だと思います。中京コースで実績があるのもいい材料ですし。超高速馬場での開幕にならなければここでの好走は期待していいんじゃないかなと思っています。

ヴェローチェオロ
この馬もキャリア豊富な馬で2歳時から強い相手に善戦してきた馬ですね。馬体重的にはこれだけ使ってきても特に萎んだ感じもなく、相手なりに走れる強みのある馬ですし侮れません。競馬がまだ不器用な印象はあり他頭数の競馬が向かないとは思いますが、前走からコンビを組む西村淳騎手も乗れているジョッキーですし一発があってもおかしくなさそうです。

皐月賞からの参戦予定だったディープモンスターが回避ということで確固たる実績上位の馬は居ない戦いになりました。青葉賞とは違いこの京都新聞杯はこのレースをステップにしてダービーを勝つ馬も時々現れるレースですが、今年は中京開催というのがミソだと思います。なかなかイレギュラーなコース形態である中京からのステップでダービーに届くかなと個人的には少し懐疑的に思っているので、今回のレースを予想する上ではスケールよりもこの舞台に適性がありそうな馬から予想してみるつもりです。

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました