【競馬展望】京王杯スプリングカップ注目馬〜手薄な感じのする安田記念前哨戦。この距離の特異な馬を探したい〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週はG1を含めた2重賞が行われます。どちらも東京競馬場。週末、土日の天候がどうかも決め手の持つ馬をやはり警戒。
土曜日は安田記念のステップレースである京王杯が行われます。今年は本番で上位人気になりそうな馬の出走はないと感じていますが、その分1400巧者に取っては目標とも言えるレースだと思うのでしっかりと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

京王杯スプリングカップ注目馬

ラウダシオン
このメンバーの中なら主役になりそうなラウダシオン。距離もコースもピッタリな印象で、現状この馬にとってここは大目標になっているのではないかなと思います。人気ですが追い切りでよほど変な感じてなければ中心で仕方ないと思っています。

グルーヴイット
昨年3着とコースの相性は証明済のグルーヴイット。ここのところ惜しい競馬が続いていますが短距離の差し馬としては安定して入っていると思います。差し馬が届く今の馬場を味方に付けてここも好勝負を期待できそうです。

シャインガーネット
この馬もラウダシオンを昨年破っているように左回り回りの1400では侮れません。2走前は勝ちに行った分終い甘くなりましたが、じっくり溜めていけるこのコースなら前進を期待できそうです。

タイセイビジョン
ルメール騎手騎乗で好走を期待されるこの馬。昨年のマイルカップで4着と、このメンバーなら実績上位の存在です。この距離も悪くないと思われますので侮れません。ラウダシオンを評価しているので2番人気が想定されるこの馬は馬券的には嫌いたかったんですが、今の時点では注目せざるを得ません。

エングレーバー
穴で面白そうなのはエングレーバー。中距離で走っていた馬で、プリンシパルステークス2着の実績もある馬ですが、どこか淡白な競馬を続けていた馬。前走1400メートルを使われ、そこで鮮やかな競馬で勝ち上がり、ここへ来て新味を発揮。相手は強くなりますがこの距離の適性が抜群な可能性もあり注目しています。

僕がこのレースで思い出すのはタイキシャトルです。古馬となった初戦、岡部騎手が直線持ったままというより、グッと引いた状態のままで先頭に立っていくという圧倒的なレースを見せつけた内容は衝撃的で今でも良く覚えています。
今年はやや手薄な印象なものの馬券予想的には非常に面白そうなレースです。ヴィクトリアマイルの馬場を占う意味でも注目の一戦ですし、土曜の芝レースはこのレースを含め必見ですね。

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました