【競馬回顧】ヴィクトリアマイル&京王杯スプリングカップ〜高速府中に女王降臨!〜

競馬
Pocket

こんばんは。今日はヴィクトリアマイルが行われました。凄かったグランアレグリア。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル回顧

圧勝の◎グランアレグリア。やはりこの距離では力が違うと言わんばかりの圧勝劇。力が違うのもさることながら、前に惑わされず直線を向いたところで邪魔されない進路取り、追い出しも自分のタイミングと冷静なルメール騎手。強い馬の実力を引き出す騎乗で簡単なようで強靭な精神力の持ち主ですね。グランアレグリア自体の強さについては今更言うまでもありませんが、秋の天皇賞で中距離への再挑戦をしてほしいと思いました。

2着は▲ランブリングアレー。キレ勝負でこれといった実績がない馬でしたが割とタフなレースになり中距離で走っていたことが活きた格好となったと思います。福永騎手、武豊騎手が後方からのレースで経験を積ませていたことも結果として良かったと思います。来週大一番が控える吉田隼騎手もそのバトンを引き継ぐ形で素晴らしい結果を残しました。

3着△マジックキャッスルはやはり内枠が若干響いた感じもしますが最後はキッチリと伸びてきました。内枠差しの経験値もまた積めたと思いますし、ずっと堅実に走ってくる偉い馬です。まだまだチャンスはある馬だと思うのですが、この馬に関しては騎手が固定できると良いと思います。

寸前まで粘ったレシステンシアも他の先行馬の着順を考えると実力上位は明らか。今回は勝ちにいかなければならなかった状況やグランアレグリアに抜けられたことで粘りきれませんでしたがレース内容としては上々。ただ1400ベスト感が漂い始めてる気もします。

しかしグランアレグリア以下がほとんど差がないことを考えるとすごく面白いレースだったと思いますし、各馬ともそれぞれの得意条件で見限れない馬ばかりだったと思います。

京王杯スプリングカップ

ラウダシオンが復活の勝利!最後追い切りが軽すぎて評価を下げてしまいましたが見事な勝利でこれは僕の完敗です。このコースが得意だろうというのはわかりきっていたことなので、状態が良いなら妥当な勝利。この厩舎は中間の過程で判断しないとダメですね。

トゥラヴェスーラはまたも激走でこちらは全くノーマーク。しかし今回の馬場でも決め手を使えるなら純粋に地力強化されてきたのだと思います。展開も向きましたね。

カイザーミノルもG2戦で連続好走なら地力強化を認めない訳にはいきません。この血統は使い込んでの成長力があって面白いですね。

期待した◎タイセイビジョンは後方のまま全く良いところなく敗退。外差しが決まりにくい馬場とは言え道中の追走もちぐはぐで脚が溜まらなかった印象で残念でした。

今週の2重賞予想はヴィクトリアマイルが馬連と三連単的中!ゴール寸前まで外れたと思ってみていましたが、ゴール直前大逆転。ランブリングアレーが2着まで来てくれたことでグランアレグリアから買ったにしてはかなり良い配当にありつけました。
これで2週連続G1的中となったのでさあ来週のオークスも!といきたいところですが、純粋にレースが楽しみなオークス。ソダシがここも勝って2年連続無敗二冠となるか。待ったをかける馬がいるか。今からとても楽しみです!!

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました