【競馬展望】オークス〜アカとシロ。紅白対決となるか〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週はいよいよ優駿牝馬オークス。ソダシとアカイトリノムスメが人気になりそうで紅白決戦、源平合戦のような構図ですが、そこに比類する馬がいるかどうかしっかりチェックしていきたいと思います。今年も大いに盛り上がりそうです。

先週一足先に書いた記事もあるので良かったら読んでみてください!

スポンサーリンク

オークス注目馬

ソダシ
まずはここまで無敗のソダシ。白毛として常に注目されるアイドルですが、阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞と無敗で制してきたキャリアは歴代屈指のもの。父クロフネから不安視される血統不安も折り合い上手なこの馬であればそれほど不安には思っていません。ただ先行脚質がゆえに早めに抜け出さざるを得ない展開になった時に、この馬より決め手のある馬にやられる可能性はあるかもしれません。ソダシ、ファインルージュ、アカイトリノムスメに共通するのですが、今年の桜花賞は止まらない高速馬場で単純に前有利だった可能性があり、オークスに直結するかと言うとちょっと別な気がしています(その中で追い込んできたサトノレイナスは凄かったのですが)ただずっとこの路線の先頭を走り続け未だに無敗の馬ですので、展開が不利になったとしてもそう簡単に負ける馬ではないでしょう。この舞台でもソダシにさらなる栄光が待っているのでしょうか。

アカイトリノムスメ
アパパネの娘に今回はルメール騎手騎乗ということで2番人気になりそうですね。桜花賞でも良いレース内容ですし府中実績もあります。レースセンスを感じる馬でさすがは良血馬といったところ。ただアパパネの産駒はここまでいまいち底力を感じる馬もいなかった印象があるのでこの馬も馬券圏内はともかく、勝ち切るまでの底力を持っているかどうかというのは少し気になってます。桜花賞も確かに良い内容なのですが、どううまくいってたら勝ててたかというイメージはわきません。

ファインルージュ
桜花賞では3着。ソダシをマーク出来て直線もスムーズ。この馬も完璧なレースが出来たと思われる馬で、良い内容ではあったもののあの内容で勝てないのであれば着差よりもしっかりと実力差はあったと思わざるを得ません。当然今回は距離が違うのでアカイトリノムスメもそうですがそこに活路があるかどうかなのですが、フェアリーステークスの凄い弾けっぷりを見ると小回りでマクリ競馬のほうが合う印象があります。

ステラリア
忘れな草賞からここへ挑むステラリア。クイーンカップはアカイトリノムスメと僅差。距離が不足していることを感じさせるレースっぷりでしたし、陣営もそう感じたのか桜花賞を避けて忘れな草賞へ。そこで一発回答を出したのはお見事でした。キングストンボーイと接戦歴もあり実力は足りていると思います。ただし数字上では毎回上がりが速いですが一瞬で加速出来るレース振りではなく3ハロン全体で脚を使っている印象。馬群を割る競馬になった場合疑問があるので極端な内枠になったら怖いです。雨は降ってほしいと思います。

クールキャット
折り合いに不安のある馬でチグハグなレースをしていましたが前走はルメール騎手が上手く乗ってフローラステークスを快勝。今回は武豊騎手ですが折り合いが課題のこの馬としては引き続き弱点を補完する鞍上で心強いところです。距離延長でも引き続き折り合いが付けば面白いですが、同じ先行脚質のソダシとの消耗戦になってしまう可能性はあると思うのでそこをどうコントロールするかレースの組み立てが楽しみです。

タガノパッション
最大の惑星だと思っているのがタガノパッション。デビューから2ヶ月ちょっとでこの舞台に進んでくるのも凄いですね。ここまですでに3戦と現代競馬らしからぬ戦績ですが馬体重も特に減らしておらず、2走前は折り合いを欠きながらパワーとスタミナで押し切る競馬。前走スイートピーステークスでは外追走でも折り合ってキレとスピードを見せた内容。競馬への対応に急成長が見られ底が見えません。力関係は不明ですがゴールデンサッシュにさかのぼる血統も魅力的です。

ユーバーレーベン
3着続きのユーバーレーベン。チューリップ賞を使えなかったことが響いてフラワーカップの敗戦は仕方なしもフローラステークスの敗退はなかなかもったいないところ。それでも上がりの時計は速く開幕週の馬場にやられたと言えなくもありません。ただ今の府中の馬場で追い込み一気が決まるかもまた疑問で、もし道悪になれば今回はデムーロ騎手が道中から早め進出をしてくる可能性が割とあるかなと思っています。ソダシをはじめとする先行馬の苦しくする鍵を握る1頭だと思っていて、またその場合自身はしぶとく粘り込む可能性もあると思います。

スルーセブンシーズ
穴人気になりそうなスルーセブンシーズ。調教も動いているようですし前走の圧勝劇は圧巻でした。レース振りを見るとトビが大そうで左回りは問題なさそうです。ただ少し折り合いに不安がありそうで、また前走も圧勝ではあったものの負かしたメンバーレベルは疑問。最終追い切りが気になる馬ですが、そこそこ人気になるようなら今のところ軽視したいと思っています。

エンスージアズム
多分人気はないと思いますが、桜花賞組の中から距離延長が良さそうだなと思ったのがエンスージアズム。広いコースが良さそうな馬で折り合いがバッチリ付くのはとても大きな強みです。府中で勝ち星もありますし、ここで岩田望騎手には一発を狙う競馬をしてほしいですね。

アールドヴィーヴル
桜花賞5着のアールドヴィーヴル。桜花賞では他馬と接触する不利がありつつ脚を伸ばすものの坂の途中くらいで力尽きてしまいました。やはり高速馬場を無理やり詰めようとすると息が持たないですね。馬体重は回復したほうが良いと思いますが、こちらが心配するよりもこのくらいの方が良い可能性もあるのでそこは判断がつきません。クイーンカップで好走しているように上位に来れる可能性はあると思っている馬ですし、松山騎手も復帰してここらで一発があってもおかしくありません。雨が降っても良さそうなのは強みですね。

最大のポイントは馬場状態かもしれませんが、恐らくスロー濃厚。直線だけで差し届くのは至難の技かなと思っていますが、ステラリアの川田騎手、ユーバーレーベンのデムーロ騎手が早めに動いていくとソダシ以下桜花賞好走組はちょっと厳しくなるかもしれないな思っていて、そうなると折り合い上手の差し馬が馬券内に入って多少なりとも波乱の目はあるかなと言うのが登録馬を見た印象です。
後は最終追い切りでタイムよりも折り合いが付いているかを注目して週末を待ちたいと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました