【競馬回顧】優駿牝馬(オークス)&平安ステークス〜ラフィアンクラシックを制す!〜

競馬
Pocket

お疲れ様です。
いやー久しぶりのデムルメ炸裂でしたね!デムーロ騎手は今年は良い騎乗が多いですがこれで復活かもしれません。そしてラフィアンがクラシック初制覇というのも競馬ファンとして感慨深いですね。ゴールドシップの仔もG1初制覇か。ハギノピリナの藤懸騎手も色々あった岩田騎手を押えての3着。おかげて馬券は外れましたが大外からよくあそこまで追い込んで来ました。期待を集めたソダシは残念な結果になってしまいましたが、見どころ満載のオークスだったと思います。

スポンサーリンク

オークス回顧

勝った△ユーバーレーベンは馬体が仕上がっており、チューリップ賞で一頓挫あってからこの舞台に向けて狙い通りに来たのでしょう。さすが手塚先生ですね。しかし今までのレースぶりからあんなねじ伏せる競馬で勝つとは想像以上で、デムーロ騎手の豪腕炸裂もお見事ですが本当に素晴らしい馬だと思いました。

アカイトリノムスメは有力馬を意識しながらすすめる王道のソツのない競馬。予想よりペースが速かったのか、それとも外がより伸びる馬場だったのか最後は2着も危なくなりました。万能タイプの良い馬ですがちょっと器用貧乏な感じがするので一回りの成長が求められるかもしれません。G1で2着なら十分に強いんですけどね。

ハギノピリナはズブい馬だなーとこの高速府中ではさすがにキツいと思っていたのですが外を周り続ける追い込みで僅差3着。内に入れて万一ちょっとでもブレーキをかけるともう再加速は出来ない馬だと思うので藤懸騎手のファインプレーだと思います。ペースも馬場も向いたと思いますがとにかく持続力が素晴らしい馬だと思いました。見抜けなくてごめんなさい。

タガノパッションは後方で溜めて馬群を突いての4着。ペースを考えると恐らく正解の位置取りで、最後アールドヴィーヴルを抜かせなかったのも素晴らしかったです。十分なレースはしてくれたので個人的には満足してます。馬体を減らさずにここへ来れるという時点で立派でしたし、順調にこの先も進んでほしいです。

ステラリアは大外からの積極先行で△クールキャットも前に行き先頭。○ソダシもそれを意識せざるを得ず、ちょっとスムーズに運べなかったかなと思いました。ペース以上に前に負担がかかる競馬ではあったのかなという感想です。

馬券はタガノパッションが4着でハズレ。穴狙いとしては良いところを狙ったかなと思ったのですがそれ以上の穴馬が来てしまってはぐうの音も出ません(苦笑)

平安ステークス回顧

オーヴェルニュがぶっちぎって圧勝!正直ここまで強いとは思いませんでした。フェブラリーステークスでは良いところなしでしたがしっかりと立て直されてまだまだ重賞を勝てそうな感じですね。しかしここまで圧勝だと雨馬場適性が抜群なのでしょうか。

アメリカンシードは今回は自分の競馬が出来て2着。ただ今回はかなりハマっていて、なかなか今回以上スムーズな条件で競馬をできる機会があるかなと思います。前後の着差を含めなんとなく力量がハッキリしてしまった気もします。

という訳で今週の重賞はハズレ!ちらほら勝った他のレースも良い所がなく散々な結果に終わりました(涙)しかし来週はついに日本ダービー、落ち込んでばかりはいられません!やっぱりダービーは特別な当てたいレースですから、一歩でも的中に近づけるように気を取り直して頑張ります!!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました