【競馬展望】日本ダービー全頭チェック(前編)〜二冠王手エフフォーリア。紅一点サトノレイナス。毎日杯組など〜

競馬
Pocket

さあ今週は競馬の祭典日本ダービー、東京優駿です!
馬が好きな人もギャンブラーも古くからの競馬ファンもウマ娘で興味を持った人もみんなで楽しみましょう!!

せっかくのダービーなので登録馬全17頭について書いていきたいと思います。
ダノンザキッドの故障は残念に思います。ちょっと狙ってたんですけどね。フルゲート割れのダービーは自分ははじめての経験ですが、後の登録馬が無事に走りきってくれることを願っています。

スポンサーリンク

日本ダービー全頭チェック(前編)

アドマイヤハダル
皐月賞4着からここへ挑むアドマイヤハダル。今回の鞍上はユーバーレーベンでオークスを勝利したデムーロ騎手。皐月賞ではちょっと苦しい1枠1番から直線ではルメール騎手が外に出して差してきましたが4着まで。しかしいい伸び脚を見せており多頭数内枠の競馬を経験出来たことは大きなプラス。明らかにタフなコースより高速馬場の大きなコースが合うフォームでもあり今回はかなりやれるのではと思っています。

エフフォーリア
断然の中心が予想されるエフフォーリア。皐月賞も3馬身差の完勝でした。内も捌けるし外でも折り合える馬。末脚も素晴らしく、抜けた後でもちゃんと走り切ってくれます。死角らしい死角はなし。状態が普通でさえあれば実力で負けることは考えにくく、勝ち方を問われてもいいくらいに思っています。よってこの馬は横山武騎手や陣営共々自分との戦いのみ。ロベルト大好きな自分としては圧巻の走りを期待しています。
個人的に秋には「令和の皇帝」になってほしいです。

グラティアス
松山騎手に乗り替わりとなるグラティアス。そもそも皐月賞でも予定されていたコンビで、いよいよこの大舞台でのコンビ結成。皐月賞ではキャリア2戦ながら6着で2着とは差がありませんでした。レシステンシアの弟で大舞台での一発を狙ってくるかと思いますが、前走同様雪崩れ込みが精一杯という気も。最終追い切りでパワーアップを感じる動きをしてくるか注目です。

グレートマジシャン
毎日杯2着からの参戦となるこの馬は一時はこの馬にルメール騎手が乗るのではと噂されていた期待馬です。セントポーリア賞で内を突く競馬で抜けてきたのは、勝ちタイム以上に価値があると思っていて大変素晴らしい素質馬だと思います。一方で今のところこの内容以外には末脚のキレ味しか武器が無いとも感じています。

サトノレイナス
桜花賞2着からここに挑むサトノレイナス。オーナーの意向もあってかダービー挑戦です。オークスに出ていれば結果はわかりませんが恐らくソダシと人気を分けあったであろう素質馬で、今回はルメール騎手騎乗。ウォッカ以来のダービー制覇なるかと話題を集めていますが恐らく後ろからになると思われる今回はちょっと厳しいかなという印象です。ウォッカも桜花賞2着からの臨戦過程でダービーを制しましたが、桜花賞では3着以下を離していましたしその時点でウォッカはG1ホースでした。サトノレイナスのダービーでの走り自体は楽しみですが果たしてどこまで。

シャフリヤール
毎日杯1着からここへ進むシャフリヤール。鞍上は福永騎手に戻ってきました。ディープインパクト産駒らしい末脚が強力な馬で、共同通信杯では鞍上の教育的騎乗もあって3着でしたが毎日杯は賞金加算が求められる中、川田騎手が積極的に乗りグレートマジシャンの標的となりながら素晴らしい時計で勝ち切りました。とは言えタイム自体は水モノですし、揉まれる競馬の経験の無さ、距離も1800メートルまでしか経験が無い等、あくまでも挑戦者の域は出ていないと思います。上位人気確実でしょうがその点のバランスを考えると積極的に買おうとは思いません。

ステラヴェローチェ
皐月賞3着のステラヴェローチェ。朝日杯2着。共同通信杯でも57キロを背負い、かつ折り合い重視で仕掛けを遅らせた競馬の中でも5着と検討していました。自分は皐月賞当時3番手評価で、バゴ産駒らしい小回りでのイン差しを期待したのですが想像通りの走りをしてくれました。今回は広く直線の長い府中。この馬は直線の長いコースでも結果を出していますがこの頂上決戦での末脚勝負となると分が悪いかなというのが正直な感想。ただ前回より一つ前の先団後ろあたりを確保出来たら面白そう。枠の並びに注目です。ソダシ悔しい思いをした吉田隼騎手と陣営が1週遅れで栄冠なるでしょうか。

タイトルホルダー
皐月賞2着のタイトルホルダー。ずっと高レベルをキープしているホープフルステークス〜皐月賞路線の中で常に上位に来ている馬です。皐月賞もレッドベルオーブに途中で絡まれて大分脚を使わされたにも関わらず2着に粘り込みとても強い競馬でした。ピッチ気味の走りで中山コースが向いているのはあると思いますが、コントレイルやデアリングタクトもピッチ走法ながら府中で強いところを示してますし大丈夫だと思います。この馬も東京スポーツ杯2歳ステークス2着の実績もありますし、今回も迷いのない競馬をすればちゃんと実力は示してくれることでしょう。

タイムトゥヘヴン
NHKマイルカップ6着からここへ挑むタイムトゥヘヴン。京成杯でグラティアスの2着に来ましたが血統的にはやはりマイルあたりが良さそう。パワー勝負のマイルであれば面白いと思いますが、今の府中の2400は厳しそうです。今回は先行馬がそれほど見当たらないですし好位からの雪崩れ込みでどこまで。

まずは前編9頭でした。この9頭に上位人気になりそうな馬がたくさんいますが、今年は各路線からこのダービーに挑む馬がそれぞれみんな強いところを見せていて、顔ぶれが豪華だなと感じます。
後編も良い馬がいますし出走馬のことを書いているだけで待ち遠しいです!

それでは!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました