【競馬展望】安田記念〜女王の連覇に抗える馬がいるか〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は春の府中G1の最後を飾る安田記念。女王グランアレグリアの絶対的な存在感が際立ちますが、この馬に対抗出来る存在がいるのかどうか。あらためて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

安田記念注目馬

グランアレグリア
ヴィクトリアマイルで圧勝しここでも圧倒的な支持を集めるグランアレグリア。ほとんどの馬と勝負付けは終わっている戦歴ですしここも勝って当然なのは納得です。不安要素としては中2週の競馬で、去年のアーモンドアイが敗れた点だと思います。しかし去年のアーモンドアイもドバイの空輸送〜ヴィクトリアマイル〜安田記念のローテーションで、敗れたものの去年2着には来ているので、マイル適性では上回るはずのこの馬が馬券外になることはかなり考えにくいかもしれません。ただ大阪杯を1番のピークに作ったことは間違いないと思うので最終追い切りでの躍動感はしっかりチェックしなければならないかなと思います。

インディチャンプ
抜群の安定感とマイル適性を持つインディチャンプ。いつも頑張ってくれる偉い馬です。ダービー勝った福永騎手も心強いですね。暮れからスプリント路線に進み高松宮記念でも僅差3着。今回も内枠を引ければ馬券から外すのは怖い部分です。今回は高松宮記念以来のレースですからスプリントを経験したことがどう出るか興味深いです。この馬は本番のペースや展開に強い馬だと思っているので、少し感覚が空いたことはあまり気にしてませんがやはりグランアレグリアとの力関係は出ていると思うので逆転までは難しそうてす。

サリオス
大阪杯以来のサリオスはみんなが避ける内を回る競馬をして5着。しかしグランアレグリアとは僅かな差でした。マイルチャンピオンシップで大外追い込みの競馬をした際もそうですが、2戦続けて力負けとは断言するには早いかなと思ってます。大阪杯はグランアレグリアにとって距離が長くマイルで戦えば差は広がるかもしれませんが、陣営がずっとマイルが良いと言ってきた馬なので、サリオスにマイル適性があるならばグランアレグリアを僅かに逆転出来る可能性を持つ馬だと思います。

シュネルマイスター
3歳マイル王シュネルマイスターがこちらへ参戦。前走はソングラインを僅かに交わしての勝利と、このメンバーで勝負するには一見物足りない勝ち方に見えなくもないですが、マイルカップはほぼソングラインが勝った競馬であり差し切ったこの馬は相当な馬だと思います。最後まで真っ直ぐ走れるのも強さですし速いペースを経験出来たこと、左回りを経験出来たことなど、上積みは相当大きいです。胸を借りる立場なのでどこまで通用するか楽しみですね。

ケイデンスコール
この舞台に実績のある馬が今年に入って完全復活。いや復活以上にパワーアップしてきました。ジワジワ強くなってくるタイプのロードカナロア産駒で競馬も馬群を捌けるし時計勝負も大丈夫で、近走の競馬は非常に充実しています。気になるところとしてはさすがに上積みがあるかどうかと、対戦比較からさすがにこのレベルの相手に通用するかどうか。マイラーズカップ経由というのもインディチャンプくらいしか結果が出ていないローテーションなのでそのあたりは強調出来ません。

基本的に藤澤先生が出走を決めてる以上グランアレグリアは力を出してくると考えますが、この馬は調教師以上にサンデーレーシングが強気な印象があります。無理やり出走してくる訳ではないでしょうが、勝って当然と世間がなっている時ほど落とし穴があるのも競馬なので決して油断は出来ません。個人的には藤澤先生と言えば印象に残るのは安田記念と天皇賞秋なので、最後の安田記念を勝ってほしいと思っています。

それでは!

コメント

  1. […] 【競馬展望】安田記念〜女王の連覇に抗える馬がいるか〜 […]

タイトルとURLをコピーしました