【競馬回顧】安田記念&鳴尾記念〜女王敗れる。しかし競馬は難しい〜

競馬
Pocket

お疲れ様です。今日は安田記念が行われました。いやぁ、ダノンキングリーですか…グランアレグリアが負けるにせよこの馬が馬券内、まさか勝ち切るとは全く想像していなかったので衝撃でした。競馬は難しいですね。的中した皆さま、おめでとうございます。

スポンサーリンク

安田記念回顧

勝ったのはダノンキングリー。テン乗り川田騎手が自分の競馬に徹して能力を引き出すことだけに注力したような騎乗で見事にG1制覇。伏兵の立場だからこそ出来た競馬ですが力を引き出した川田騎手もそれに応えた馬もお見事。この世代の牡馬は微妙な立ち位置でしたがワールドプレミアに続き台頭してきましたね。しかし衝撃的でした…。

敗れた○グランアレグリアは直線を向いたところでスムーズに進路を確保出来ませんでしたが、そもそも手応えがいつもより悪く、スムーズに進路確保が出来なかった位置になってしまっていたことのほうが敗因だと思います。まあ1番人気がスムーズなレースをさせてもらえるほうが稀ではあるのですが。ごちゃついた競馬をしてしまったのはルメール騎手のミスかもしれませんが、そこから進路確保して2着まで来たのもルメール騎手だからこそだとも思います。身体は思ったより良かったですがやはりピークは大阪杯だったようで、秋に向けての回復に期待しています。恐らく秋は天皇賞をピークに仕上げてくるのかな。

シュネルマイスターはインディチャンプに先着したのですから大健闘でした。横山武史騎手も力を引き出す好騎乗。速い流れを経験したことマイルカップの経験が大きくどんどん強くなっているので秋が楽しみ。

インディチャンプはやはりグランアレグリアの次に意識される存在でもあり直線では各馬の目標になったような感じです。それでも大崩れせず僅差に踏ん張っていますし力は見せてきました。馬券的に扱いが難しい存在ですがそれはこちらの話。本当にいつも頑張る偉い馬ですね。

期待した◎サリオスはいいところがありませんでした。内に閉じ込められポジションも下がり直線もごちゃつき踏んだり蹴ったりですが、道中の手応えからして怪しかったです。それほど馬場も悪化していない中のこの結果ですのでこの馬は披露が抜けていなかったのかもしれません。ただ力はありますし姉のサラキアもゆっくり成長した馬ですから長い目で見たいです。

鳴尾記念回顧

見事な逃げ切り△ユニコーンライオンは完全に楽に行かせてくれた展開利もありますし、パワーを必要とする馬場も味方に付けた印象。印を打っていただけにもっと思い切って狙えば良かったと後の祭り。この後のローカル重賞路線に進むようなら馬場次第でマークが必要だと思います。

ショウナンバルディも前有利の展開を味方に付け好走。ブラストワンピースは内にこだわって進路が開けたのが良かったですが、相変わらず自分で競馬を作れないので常に難しい馬です。△ペルシアンナイトも良い所は見せ4着。この馬はまた内枠に入れば怖いですね。今日はさすがに前が有利過ぎたので。

期待した◎ヒンドゥズタイムはこのペースでは勝負にならず。ただ展開負けではあるので巻き返しに期待です。
より案外だったのは○クラージュゲリエで展開的にあそこまで負けるのはちょっと不思議です。

という訳でなかなか厳しい結果に終わりすっかりスランプに突入の重賞予想(笑)しかし安田記念のレースを見るとやっぱり競馬予想というのはとんでもない挑戦だなあと感じますが同時に面白いレースでした。
個人的にはアーモンドアイのファンなので、アーモンドアイにこの舞台で勝ったグランアレグリアには対抗評価ではありましたが伏兵に負けてほしくなかったなぁという気持ちです。
来週はG1もありませんし少し切り替えていこうとおもいます!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました