【競馬展望】宝塚記念へ向けて1週間前に思うこと

競馬
Pocket

こんばんは!来週はいよいよ上半期の総決算G1宝塚記念が行われます。ここをバッチリ予想して夏競馬に乗り込みたいところです。一週気が早いですが現時点での有力馬のイメージをアウトプットしておこうと思います!

スポンサーリンク

宝塚記念一週間前展望

一時は最高に豪華な宝塚記念になるかと思われたこのレースですが、コントレイル、デアリングタクトと2頭の三冠馬が出走せず。怪我のデアリングタクトはともかくコントレイルの疲労回避は仕方がないとは言え正直ガッカリしてしまいました。更に天皇賞春を勝ったワールドプレミアと香港を勝ったラヴズオンリーユーも居ないということで飛車角落ち感はありますが、王と玉とでも言いますか、クロノジェネシスとレイパパレは無事にここへきてくれました。

クロノジェネシスは良馬場でも道悪馬場でも怪物級の脚を繰り出して来る馬で、個人的には内回りの直線の長さがピッタリだと思います。ルメール騎手が鞍上なら北村騎手の代役として文句なしです。ドバイでも堂々の競馬をし秋には凱旋門賞もという存在ですし、去年この馬に先着した馬は引退したアーモンドアイ。それ以外のメンバーには全てリベンジも果たしています。この馬にとってはここは負けられないというのが正直なところかもしれません。休み明けも追い切り3本をしっかり消化できればキチッと身体を作ってくる馬ですしグランプリ3連覇というグラスワンダーに並ぶ記録もかかります。ここはやはり勝利のイメージがしやすく馬券内という意味でいうなら一番計算出来る馬なのは間違いないところでしょう。

レイパパレは、この春のG1でも絶好調だった川田騎手が乗り、しかもこの馬は未だに無敗。大阪杯は道悪適性もそうですが、スタミナがないととても勝てないレースだったと思いますし今回の距離は問題ないと思います。チャレンジカップで圧勝でなかったあたり逆に2000メートル超えの方がいいのかもしれません。しかしとにかくこの馬は気性次第。気性的にはマイルの方が良さそうな不思議な馬ですが、逆にそれがポテンシャルの高さを物語っていると思います。宝塚記念も、高速の前残り馬場ならここでも勝って不思議ない実力ですが、前回と決定的に違うのは今回はかなりマークを受ける立場になること。気性にプラスして今回はそこがポイントになりそうです。しかも川田騎手をマークしてレースを組み立てるのを得意としているルメール騎手がクロノジェネシスに乗るというのもなんとも不気味です。

しかし絶対的強さを持つクロノジェネシスと勢いに乗るレイパパレの2強。大方の予想通り大体この対決で決まりそうかなあというのが今の時点での見立てです。
レースの流れとしてはレイパパレをクロノジェネシスがマークし動いた場合にはタフなロングスパート戦になりそうで、そうなると浮上しそうなのが距離短縮で挑めるカレンブーケドールアリストテレス。また古豪キセキも最近はまた差し競馬から十分に脚を使えて来ているのでこの馬の浮上もありえるかもしれないと思っています。

まだまだチェックしなければならない所はありますが一週間前の所感としては以上です。
各馬無事にゲートインしてくれることを今から楽しみにしています!

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました