【競馬展望】宝塚記念の最終追い切りの感想〜女王2頭は誰でもわかるくらい抜群の動き!〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は平地の重賞が宝塚記念しかないのでゆっくりじっくり検討しています。もうすぐですね。今日は最終追い切りの有利馬の感想だけ簡単に書いていきます。

スポンサーリンク

宝塚記念最終追い切り

全体的な感想としては有力馬みんな好調だなぁと思いました。調子の良い馬が必ずしも勝つとは限らないのが競馬ですがこれは好レースになりそうです。

1番人気になるであろうクロノジェネシスはまさに絶好。時計も、反応も、馬体も、折り合いも素晴らしく、誰が見ても良い追い切りだったと思います。有馬記念の中間、追い切りよりも良く見えるくらいだったので、この馬を外した馬券はちょっと考えてにくいです。

対するレイパパレも大阪杯の最終追い切りも抜群でしたが、今回はそれをさらに上回るような坂路で抜群の追い切りを見せつけました。この動きを見るとクロノジェネシスに抵抗し、勝つことが出来るとしたらやはりこの馬かなあと思います。陣営が順調に来たとコメントされていましたがこの動きを見ると納得です。

カレンブーケドールもかなりの良い動き。G1で本命にしても全然後悔はしない出来だと思います。間違いなく力は出せる出来だと思うので、後はこの馬のスピードが活きる馬場であれば好走してきそうだと思います。道悪がまったくダメだとは思っていませんが、タフな阪神コースの道悪馬場だと適性が上回る馬が数頭いそうなので。

アリストテレスも追い切りを見る限りでは長距離を走った後とは感じさせない動きで順調という言葉がぴったりに感じました。あとは3000メートル超を2回使い道悪競馬を含めての春シーズン4走目の見えない疲れが無ければというところですが、追い切り的には良かったと思います。
モズベッロは使って使って更に上昇カーブ気配の動きで、状態自体に不安なし。コース適性馬場適性は証明済の馬ですしこの状態であれば池添騎手も一発を狙った騎乗になってくるのでしょうか。
キセキも金鯱賞の時と比べると良い状態に感じられました。キングカメハメハ系は衰えが遅い馬も多いですがこの馬も肉体的にはまだまだ力は維持しており、鞍上のコントロール次第では面白そうです。

上位陣と目される馬はすべて前走(海外組は前々走)より上の状態なんじゃないかなと思われる動きでレースは楽しみになりましたが予想は逆に難しくなりました!
しかしその中でもクロノジェネシスとレイパパレは追い切りでは抜けて良く見えます。後は枠順の並びがどうなるかに寄りますが、今のところ2強対決に張る方に傾いています。

それでは!

コメント

  1. […] 2021.03.23 スポンサーリンク 【競馬展望】宝塚記念の最終追い切りの感想〜女王2頭は誰でもわかるく… […]

タイトルとURLをコピーしました