【競馬雑記】夏競馬の楽しみ!〜ビッグレースのない時期、自分の注目しているポイント〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週はアイビスサマーダッシュと、夏競馬を象徴するようなレースが控えていてまさに夏競馬真っ盛り。オリンピックも始まりますが僕はマイペースに競馬を楽しんでいるであろうと思います。

夏競馬の時期はG1レースは行われませんが、毎年楽しみにしているポイントがいくつかあるので述べていきます。

スポンサーリンク

①上がり馬を探せ!

自分の夏競馬の1番の醍醐味は、夏の競馬で力を付けてきた馬に注目することだと思います。強くなった馬が秋のビッグレースで強敵に挑戦するのを見るのがやっぱりワクワクしますね!

②新種牡馬の産駒に注目!

次に新馬戦です。新馬戦は長い期間行われますが、やはりいち早く新種牡馬の産駒のレースを見たいものです。やはり重賞で通用する血統はこの時期からそれなりに走りますからね。今年はシルバーステート産駒が勝ち上がっていて、キタサンブラックの子どもも勝ち上がりましたね!

③躍進する騎手を狙え!

上がり馬ならぬ上がり騎手を探すのも夏の楽しみです。新潟をのぞいて小回りコースで行われる夏競馬は、実力接近のレースが多めなこともあってか騎手の駆け引きやレベルアップにはもってこいの条件のようです。ここで急激に伸びているジョッキーを探すのが楽しいです。ちなみに去年は夏競馬を見ていて秋山稔騎手を上手い新人だな〜と思いました。

④コース巧者&リピーターを狙え!

最後に馬券的な話ですが、ローカルコースは小回りで適性が求められがちなので、ここでしっかり走った馬を覚えておくと秋以降の開催でまた同じコースでの競馬になったとき、また来年の夏競馬に出てきた時に大いに参考になります。それを狙ってすでに適性を見せていたリピーターも積極的に狙ってみたいです。

自分が楽しむポイントにしている夏競馬は大きくくくると以上のようになります。ただ現地でお酒でも飲みながらゆっくりと楽しむ夏競馬には敵わないかもしれませんね!(笑)

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました