【競馬コラム】2021夏競馬の思い出3つ〜夏競馬を振り返り個人的に印象に残ったこと〜

競馬
Pocket

先週をもって夏競馬が終了。競馬もいよいよ秋シーズンが到来します。秋はG1の連続開催が始まると、あっという間に有馬記念ですから、競馬のメインシーズンと言えるかもしれません。

そんな秋の競馬の前に今年の夏競馬の僕が印象に残った出来事を振り返って栞を付けておきたいと思います。

スポンサーリンク

3歳牝馬大活躍!

札幌記念のソダシを始め、スプリント重賞で3勝。関屋記念のソングラインも及第点の走りでした。3歳にオープン〜重賞路線に乗っていた馬が見事に古馬撃破。「斤量差」と反論はあるかもしれませんが、斤量差があるのは今年に限ったことではないので、やはり優秀だったと思います。スプリント〜マイル路線は世代交代が起きそうなところにいると思うので、今後この世代がどこまで通用するのか楽しみです。

小倉超高速馬場!

芝もダートもレコード連発の小倉コースでした。僕はあまりタイムだけで評価することはないですが、それでも驚いてしまうような時計の連続。恐らく変則開催のため相当手を加えて馬場を持たせたのではないかと思います。同じ傾向は春の阪神開催でも見られており、ロングラン開催でも最後まで極端に悪くなることはありませんでした。そう思うと来週からの中京も良い馬場状態で時計を持っている馬が有利かも…

レパードステークス、メイショウムラクモ圧勝!

この世代のダート馬が古馬相手にどこまで通用するのかはまだわかりませんが、それにしてもレパードステークスのメイショウムラクモのレースはしびれました。自分からレースを動かし前を潰して後続完封と、鮮やかな横綱競馬。ダートの人気馬が人気通り走るのをあまり見てなかった気がするので余計に印象に残りました。柴田善臣騎手とのコンビも良いですね。

その他にも新種牡馬ドレフォンに期待が膨らむ先日のジオグリフの勝利や、アイビスサマーダッシュのイン逃げも印象深いです。馬券的には穴を運んでくれた七夕賞のロザムールと、確勝の自身があったアンドラステです。秋も思い出に残るレースと、思い出に残る馬券が取れたらいいなと思うので頑張ります!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました