【ドラム】家でドラム練習の基礎の基礎!だけど今でも大切にしている練習

ドラム
Pocket

こんにちは。
先日知人から「ドラムやってみたいんだけど家でどんな練習するの?」と質問されました。確かに自宅でドラムセットで練習出来る環境をお持ちの方は稀ですよね。自分も家ではドラムセットでの練習は出来ません。自分がおすすめさせていただくのもおこがましいですが、今日は自宅で簡単に出来る練習をご紹介します。

ドラマーがスティックを左右交互に「ドドドドッ」と叩いているのはカッコいいですよね!左右交互に叩くのをシングルストロークロールと言います。そこでまずは両手の練習。リズムパターンとか足の練習。ドラムスティックの持ち方までも、まずは一旦置いておいて、手の練習からドラムを身近に感じてみましょう。簡単ですが非常に大事な練習です。自分も今も大事にしています。

下にシングルストロークロールを書いてみますね。
R=右手、L=左手です。

RLRL RLRL RLRL RLRL (繰り返し)


椅子に座って両手をももに置いて軽く叩いてみます。右左右左・・・ゆっくり叩きながら口で歌ってみましょう。


「タタタタ タタタタ タタタタ タタタタ」


次に逆もやってみましょう。


LRLR LRLR LRLR LRLR (繰り返し)


「タタタタ タタタタ タタタタ タタタタ」

同じ動きなのに左手から始めるだけでなんかぎこちないですよね(体って不思議!)

次は強く叩く所を作りましょう。強く叩いて強調する部分をアクセントと呼びます。
ゆっくりゆっくり。アクセントは太字にしています。


R
LRL RLRL RLRL RLRL (繰り返し)


アクセントに合わせて歌ってみます。

タタタ タタタ タタタ タタタ」


さっきまでより音楽っぽい響きがしてきました。
慣れてきたら自分でアクセントを決めてパターンを作って練習していきます。

アクセントを工夫してみると、例えばこんな感じのパターンになります。

RLRL RLRL RLRL RLRL

タ タタタ タタ タタタ」

リズミカルな響きでそのまま演奏に入れてもカッコよさそうです!
複雑そうに聴こえますが右手左手と交互に叩いているだけなので、動きは一番上と一緒です。

基本的な手の動きとアクセントを意識付けて練習するだけでも充分に基礎的な練習になります。何より簡単な動きでもリズムをつくるのって楽しいな!と感じていただけたら幸いです。
ドラムを上達するための必勝法はありませんが(自分も修行中…)あるとすればドラムやリズムを楽しいと感じることが他の知識や技術を吸収するための一番の近道だと思います。

なかなか今はスタジオに行ってドラムセットを叩く機会も遠ざかる日々ですが、今回の練習は椅子に座るだけでも出来るので、「家でどうやってドラムの練習しようかな」と思われたらぜひお試しください。

それでは!

ドラム 音楽
スポンサーリンク
otouma 音楽と競馬

コメント

タイトルとURLをコピーしました