【競馬回顧】フェブラリーステークス〜この舞台は譲れないか。圧巻のカフェファラオ〜

競馬
Pocket

こんばんは。フェブラリーステークスは道悪馬場の高速決着でカフェファラオが見事な勝利!この舞台では役者が違うということでしょうか。

スポンサーリンク

フェブラリーステークス回顧

勝ったカフェファラオはロスなく進みつつも馬の期限を損ねないレース運びでこのあたりは福永騎手がテン乗りながら素晴らしい進め方でした。ペースというか前有利の馬場も味方しこうなるとこの馬を差せる馬はこのメンバーにはいませんでした。後は他の舞台で輝けるかが今年も課題になりそうです。

2着のテイエムサウスダンは前での競馬を選択。馬場を意識してだと思いますがマイルの距離に実績がなかった馬での先行選択なので、よほど人馬のコンタクトが取れていてのもの。これは素晴らしい騎乗でしたしレースの幅も広がり先が明るい快走だったと思います。

ソダシも馬場を味方にしてスピードが活かせる結果に。この後の路線が気になるところですが個人的にはちょっと時間をかけて休ませてもいいタイミングな気もしています。

期待した差し馬は全て不発に終わり完全に先行決着に。昨日のダートのレースで前が有利な状況からかなり嫌な予感はしていたのですが後の祭りになりました。カフェファラオを信じたとしてもソダシを買えた気がしないので仕方ないと割り切ります。決め打ちは外すと精神的に反動が堪えますね…

という訳で重賞4レースは全てはずれ!1つくらい当てたかったですがこの4レースはどれも非常に難しかったので仕方ないです。惜しかったのは京都牝馬ステークスのシゲルピンクルビーくらいでした。

しかし岩田望騎手の重賞初制覇はかなりおめでたいです!このジョッキーのたしかルーキーイヤーにダートで人気薄の差し馬で、大外枠から直線インを突く競馬を見て驚いたのを覚えています。個人的には人気馬を負かされるのも納得のジョッキーなのでこれからも重賞と言わずG1制覇を目指して活躍してほしいです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました