【競馬雑記】クロフネで思い出す「塞翁が馬」

競馬
Pocket

クロフネの訃報を聞いて、23歳という年齢を聞いて少し驚いた。今も娘のソダシが桜花賞を目指しているし、少し前には高速のアエロリットが颯爽と走っていた。しかしクロフネ自身が走ってたのがそんなに前だったか。競馬の時間軸はその他の時間とは少し別のところにあるから、何年前か考えても感覚がピンとこないことが多い。だけどクロフネの場合はそれともまた違い、その走りが鮮烈でみずみずしく記憶に残っているからだと思う。


クロフネが死亡したとのニュースを見て2001年クラシック世代を思い出した。
「〜年世代」という形容は最近あまり聞かない気がする。
それぞれが強く、しのぎ合い、他の世代や様々な路線で活躍するタレントが揃った世代がこのように呼ばれたものだった。

クロフネと同級生のこの世代には、恐ろしい強さを誇ったアグネスタキオンや、ジャパンカップでテイエムオペラオーを差し切るジャングルポケット。他にもマンハッタンカフェ、ビリーヴ、ダンツフレーム、サンライズペガサス。岩手のネイティブハートもこの世代。忘れ難い優駿が揃っていた。

アメリカ産まれの外国産馬クロフネはこの世代の中で、デビュー当初より大器の評判高く、その評判に違わない強さでNHKマイルカップを勝利。
当時外国産馬、俗に言うマル外はダービーには出走出来なかったが、この世代から条件をクリアした強い馬については出走が出来ることになっていた。

時は2001年まさに新世紀、新時代の幕開け。その時代に現れる存在として「クロフネ」と名付けられたこの外国産馬は、もう一頭の外国産馬ルゼルと共にダービーへ出走し大い盛り上げた。

この年からマル外へのダービー開放。そしてその年にその世代であるこの馬にはなんと運があることだろうと思った。そして恐らくそのために「クロフネ」と名付けられ、その名の通り黒船襲来としてこの舞台に進んできたこの馬には、運も実力も兼ね備えていることは明白だった。自分はこの年はジャングルポケットの、渡辺栄調教師と角田騎手の大ファンだったのでジャングルポケットに期待をしていたけれど、「運の良い馬が勝つ」というダービーだけにあっさりクロフネが勝つのかもしれないと思ったものだ。結果は2番人気5着だったけど皐月賞終了時点で世代最強が明らかだったアグネスタキオンを故障で欠いたこのレースは、クロフネの参戦で救われもしたし、曇天のダービーが華やかだった。


クロフネは夏を越して天皇賞秋を目指すものの、外国産馬出走頭数の関係で出走が出来なくなってしまった。出られないなら仕方ないとばかりに、当時同じ週に行われていたダートの武蔵野ステークスへ出走。ダービー時にあれだけ幸運を感じただけに何とも言えない違和感を感じた。しかし結果はご存知の通り、ダートで驚愕の楽勝。続けてジャパンカップダートをも圧勝するのだから運命はわからない。
「人間万事塞翁が馬」と言うけれど、幸運も不幸も自分のようや凡人には計りかねるばかりだ。


古馬となりダートでの圧勝ぶりからドバイワールドカップ制覇も大いに期待されたものの故障で引退。種牡馬となり、代表産駒を見ると芝での活躍馬が多いので惜しむらくはもう一度芝でのレースも見てみたかった。

快速を武器にする可愛い牝馬を次々と送り出したクロフネ。今年クラシックを迎えるソダシも、白毛馬としてG1を制覇し新たな歴史の扉を開いた馬。あの新時代のダービーで大いに沸かせたクロフネの娘に相応しい存在だろう。父も父の産駒も遂げていないクラシック制覇を成し遂げさらなる時代を切り開いていく存在になるのか。

残ったクロフネ産駒の活躍への期待と、楽しかった2001年クラシック世代を懐かしみクロフネの冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました