【競馬回顧】ジャパンカップ〜万感の涙とともにコントレイル飛び立つ〜

競馬
Pocket

こんばんは。昨日はジャパンカップが行なわれコントレイルが見事に有終の美を飾りました。
横綱競馬の内容で素晴らしいレースでした。

スポンサーリンク

ジャパンカップ回顧

コントレイルは全く盤石の競馬でこれでG1を5つ目。三冠馬がこの仕上げなら今回のメンバーで敵はいなかったですね。誰よりも三冠馬が勝利に飢えていたかのような完勝でした。これから先の仕事は三冠馬のサイアーライン確率という、さらに過酷な期待を背負うことになりますが、ひとりの競馬ファンとしてその仔を楽しみに待ちたいと思います。お疲れ様コントレイル!
福永騎手の涙も印象的でした。あれだけ熱のこもったインタビューを聞くと胸を打つと同時に、凄い喪失感に襲われないかなとちょっと気にもなりました。それだけ重圧の中で戦っていたかと思うと本当に良かったと思います。おめでとう福永騎手!

オーソリティはここで2着。人気にはなっていましたがここでこれだけ走るのはちょっと驚きました。力を付けコースも良かったのでしょうがルメール騎手の騎乗が完璧でしたね。

シャフリヤールは一見もったいない競馬に見えるのですが、どちらかと言えば体調が万全ではなかった感じがしました。最後寄れてなくても2着は厳しい手応えに見えましたしここはまた来年の巻き返しに期待したいです。

キセキは今年も直線には真っ先に突入してきました。これが3回目。馬券は全く買ってなかったですが応援してしまいました。

京阪杯回顧

外差し馬場が過ぎると内枠の馬が馬券になるのはよくある事で、エイティーンガールタイセイビジョンはまさにそんな感じでした。2頭とも荒れ馬場得意の差し馬ですが、そういう馬はかなり揃っていた一戦でもありとても手が出ませんでした…。

期待した◎ライトオンキューは道中良かったと思いますが、斤量もありますし結果外枠の外差しという単純なものでは通用しない馬場でもあったなという印象です。
レイハリアはここでは敗退。うーんここを突破するようなら来年ピクシーナイトへの挑戦が楽しみになったのですがちょっと難しかったですね。まずは高松宮記念での前哨戦までに更なる地力強化が成るか注目です。

京都2歳ステークス回顧

ジャスティンロックが見事に勝利。超スローペースでを見事に後方待機からパワーでねじ伏せる強い内容で今後が楽しみ。個人的にはペースが上がった時には更に力を発揮出来るのではないかと思っているのでじっくり成長を促して欲しいです。

トゥデイイズザデイは可哀想な不利がありこれは全くの度外視で良いでしょう。しかしながらこの小頭数のレースで不利をまともに被るあたり「持っていない」なとは思ってしまいました。勝負事ですからこういう要素は理屈では説明出来ない内容ですが、確実に大事な要素。次走で払拭するような快走を期待します。


という訳で京都2歳ステークスとジャパンカップは的中。京阪杯がハズレという今週の結果でした。しかし当たったとは言ってもスッキリするような当たりでもなく、かろうじて。という内容でした!いよいよ師走の競馬に突入しますが、会心の的中を目指して頑張ります。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました