【競馬展望】皐月賞〜群雄割拠の皐月賞。最初に勝つのは?〜

競馬
Pocket

こんばんは。今週は皐月賞。難しかった桜花賞よりもさらに難しそうです。去年も皐月賞前は混戦と言われていましたが自分の中ではエフフォーリア1強だったのでそんなに悩まなかったのですが今年は本当に難解です。ちょっと自信を持って予想するのも難しいですが競馬ファンとしては非常に楽しみなレースになりました。

スポンサーリンク

皐月賞注目点

注目したい馬が多すぎて印が足りなくなると思いますが、今年はダービー一本に絞って皐月賞を見送る馬は居なく注目された実力馬がほとんど出てきた印象があります。ぶっつけのローテーションとか時代が変わりましたがその点は昔ながらの皐月賞な気がします。

今年はたくさんの注目馬がいるのでちょっと立ち位置を分けて考えてみました。

格上

G1馬のドウデュースキラーアビリティはやはり格上の存在。
前者は弥生賞を2着。スムーズに仕掛けられなかった前走でもクビ差と及第点で試走を終えて体調アップも見込めてこれは1番計算出来る人気馬。
一方のキラーアビリティは一週前の追い切りではまだあまり良く見えずかなり迷う1頭。ここで横山武史騎手の逆襲に期待したいのですが。ただホープフルステークスを好タイムで抜け出して勝っている馬なので無印にするにはリスクがありそう。

未知の魅力

「終わってみれば強かった」がありそうな未知の魅力を持つ馬はイクイノックスダノンベルーガ。イクイノックスは東京スポーツ杯2歳ステークスの時点ではクラシックの主役は決まったと思わせる強さでした。馬群を捌いたり内枠から外に出す競馬も経験しており内容も良かったです。しかし皐月賞がそれ以来の競馬。無理をさせないで成長を促すというのは逆に言えば無理をさせられないとも捉えられ、この期間にレースで揉まれてきた馬とどのような能力関係になっているか。本命にするのであれば単勝のみがいいかもしれません。
ダノンベルーガも共同通信杯以来。しかしこのローテーションはエフフォーリア等結果が出ているローテーションなのでそれほど心配なさそう。負かした相手も悪くないですし川田騎手の進言で皐月賞参戦という経緯も怖い。ただレース経験値としては外差ししかしておらずそれでいて本命級の立場で戦うのはなかなか厳しい競馬になりそうではあります。この2頭とも左回り経験しかないですが、イスラボニータやドゥラメンテもそうだったのでそこはそれほど気にしてません。ただキャリアが2戦しかないのは中山コースを考えるとかなり気になります。

虎視眈々

良いステップを踏んできた馬の一発。ジオグリフは共同通信杯で57キロを背負いダノンベルーガの2着。斤量差を考えると強い内容でした。木村厩舎で人気はイクイノックスに譲っても堅実なのはこの馬かもしれません。この厩舎のファインルージュで結果を出している福永騎手なのも好感。
ジャスティンパレスはホープフルステークスで2着。キラーアビリティが人気を集めるなら調教内容は良いこの馬が今回はこちらが上回る可能性もありそう。デムーロ騎手は皐月賞で活躍しますし未知の魅力の要素もある馬で面白そう。
弥生賞4着のジャスティンロックも前走はかなり不利を受けました。またこの馬も負けられる立場での参戦でした。ホクトベガに遡る酒井牧場の牝系でベガはベガでもではないですが「ジャスティンでもロックのほう」となるかもしれません。
弥生賞負けの中ではマテンロウレオも負けられる立場での参戦でした。さすがに大敗しすぎかなと思うのですが、前走はそれも止む無しの競馬になってしまったとも思います。ノリ騎手も健在ですしめちゃくちゃ荒れると読む場合は少し抑えてもいいかもしれません。

勝っても伏兵

去年のタイトルホルダーは弥生賞を勝っても伏兵でした。今年も弥生賞を勝ったアスクビクターモア、スプリングステークスを勝ったビーアストニッシド、若葉ステークスを勝ったデシエルトは本命級の扱いをされることはなさそう。トライアルの勝ち馬てはありますがこの3頭で決まっても大波乱となりそうです。この3頭とも前で競馬をするタイプだけに馬場や枠の並びは大事になりそうです。

まとめ

書いていくとやっぱり多数の馬に注目せざるを得ない皐月賞だなと思いました。
軸を勝つとしたらで考えるか、馬券内期待で考えれるかでちょっと予想の仕方や馬券の種類が変わってきそうです。週末が楽しみですがやっぱり当てるのは至難の業な感じはしています。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました